koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

cucumberとかrspecとか使わずWebrat単体でWebページを巡る

いつも書き方を忘れて探しまくるはめになるので、スニペットを書き留めておく

https://gist.github.com/bash0C7/7432700

だいたい、ログインか何かしたあと、URL直打ちでページのコンテンツから何か取るとか、指定文言入ってるかしらべるとか、そういうことを年数回ぐらいはやっている。

Capybaraさん使うほうが捗りそう

http://diary-satoryu.rhcloud.com/20130905.html

Capybaraさんだと、GitHub - teamcapybara/capybara: Acceptance test framework for web applications いいなあ!!

自宅サーバ設置計画メモ

光回線契約して、家がWiMAXルーター置いてないときでも常時インターネット接続になったので、家でサーバを動かそうと思う。

動かすもの

fluentd(td-agent)

input
  • rspiに取り付けたセンサー
  • Amazon SQS
  • Twtterなど
output

何故家か

  • 外に置くと管理が面倒くさい
  • 外から自分が入りたいわけじゃない
  • rspiをAirPlay用途だけに使うのは勿体無い

チーム開発向けのめっちゃグレートなグループチャットidobataにpostするコマンドをgolangで作ってみている

Idobataのgenericなwebhookを叩く専用のコマンドを作っています*1

その名はidobatar。

ソース

とりあえずgistにおいてます。
https://gist.github.com/bash0C7/7383655

  • wehbookは環境変数URLから読み込み
  • formatは-formatスイッチで指定。デフォルト値はhtml
  • 投げる文言は標準入力から読み込み

実行例

echo 'post idobata' | URL="https://idobata/webhook/url idobater -format html

*1:実用としてはcURLから叩けばいいのだけど、golang学習の一環としてね。

光なインターネット回線をちびファイ MZK-RP150N + AtermAM3600R with クレードルで有線でも無線でも共有メモ

自宅にいるときはWiMAXのポータブル無線ルーターを不沈砲台化していたが、速度に不満がでてきたので光を引きました。
ルーターとか無線APとか、色々揃えるつもりだったけど、決めきれなかったので、既存の手持ち機器でなんとかしてみたので、メモ書きを残しておく。

これまで

  • WiMAXはAtermAM3600Rを利用
  • 旅行用にちびファイ MZK-RP150Nもってた

やったこと

  • NTTから借りた光の機器にちびファイ MZK-RP150Nを接続しWANにPPPoE接続
  • WiMAX AtermAM3600Rは公衆無線LAN優先モードにして、公衆無線LANとしてMZK-RP150Nの無線を登録
  • 有線のハブはAtermAM3600Rのクレードルに接続。

その後

ちびファイ MZK-RP150Nのもういっこのポートに有線のハブつないだら、こっちからもちゃんとルーティングしてくれた…。

結果

  • 自分のLANとしては、有線・無線問わず引き続きAtermAM3600Rから外にでていく
  • 家族にはちびファイ MZK-RP150Nを公開しておく
  • ゲストには臨時にちびファイ MZK-RP150NのSSIDを新たに切って渡しておけばよさそう

広告に関する領域のお仕事を担当しはじめました

先月末に現職の勤務を終了しました - koeだめ - http://bash0C7.hatenablog.com/ に移行しましたな記事を書いた件の続きになります。

大好きな「決断を遅らせよ」*1の原則通り、どういうところに携わるかはジョイン後に話し合って決めましょうという事でやってきましたが、チームの状況と自分の経験とを照らしあわせて、広告に関する領域についての主担当として諸々進めていくことと決まりました。
現在は、広告領域の引き継ぎを受けつつ、既存バックログを整理し、見積もりを行い、1stスプリントを開始せん!というところです。
今後は、固有のギョームと現行システムのいいところと変えていきたいところを把握した上で、よりよい仕組みへとジャンプアップさせることで、「お絵かきがもっと楽しくなる場所を作ること」を、いいかんじに広告という手段で支えるべく腕を振るっていきます。
とはいえ、「広告に関する」という点ではひとつの継続性があるものの、立ち位置がこれまでと随分違うため、急げども焦らず、改めて基礎から知識と経験固めを行おうと思います。

私自身はお絵かきする人じゃないですが、これまでずっとかく人たちのおかげで日々が潤ったり、感情が昂ったりと、とても恩恵をいただいてきました。またそういう活動をしている友人たちの手伝いをしている時、とても楽しそうに自分たちの活動を行っている様子をみて、強く胸を打たれました。
自分の専門分野であるITの技術を磨くのはもとより、それほど持っている訳ではないお絵かきや創作活動などのギョーム知識の習得にもチャレンジしていきますので、今後共引き続きよろしくお願いします。

*1:リーン!

Ruby/Railsのスキルアップ支援セミナーに登壇します

http://resocia.jp/skillup/ruby201310/

エントリーセミナーでは、業界の著名人である、こしばとしあき氏を招き「システム開発SEがこの6年間自分なりに重ねて来たコードと行動とRubyの世界」についてご講演いただき、具体的に初級者が中級者にステップアップするための行動について解説いただきます。また、Rails技術者認定試験運営委員会の吉政忠志氏による「RubyRailsで稼ぐために

ということで、関西Ruby会議05での発表をこれからRubyをたのしんでいきたい人向けにリニューアル&ブラッシュアップしてお送りします。

是非お越しくださいませ!

現職の勤務を終了しました

本日が最終出社日でした。少し間をあけて新たなチャレンジをスタートします。
2010年2月から今まで4年弱*1、本当にお世話になりました。

エピソードを思い出していくと尽きないのですが、いがさんに倣って、在職中に身につけたスキル、携わったこと、体験したことでふりかえってみます。

(あとで加筆修正する)

価格比較・ポイントサービスに携わる

以前は金融系の基幹業務でお金まわりのシステムに携わることが多かったですが、引き続き緊張感のあるお金直結なサービスであり、BtoBメインからBtoCなところへの転身でしたが当時の経験を活かしてするっと入り込めたなあと思ってます。
デルレイヤーの処理を書くことが多く、これもまたギョーミーなところで鍛えたスキルをベースに、パフォーマンスと変更容易性の両立について実戦経験が詰めたのがいい思い出です。

アドテクに携わる

配信アプリを書いたり、AWSベースのインフラ業をやったりと、ガリガリコード書きや自動化に専念してきた感じです。
とくに直近でのAWSベースのインフラ業は、前任者のノウハウを学びながら、 いわゆるImmutable Infrastructureに舵を切って実装を進めていったのが思い出深いです。
システムのボリュームとしても個人ではなかなか作り得ない規模とデータ量、パフォーマンス要求のものに携わり、チームで協力しながら作り上げて運用し、今も事業拡大中であるという点は一つ胸を張れる事かなと思っています。

アジャイルな進め方をすすめる

仲間たちと共謀し、アジャイル戦略室という組織を作り、ボトムアップの活動を進めてきました。革命的に物事を変えるというかたちではないですが、全社方針とあわせて静かに少しずつアジャイルな考え方やプラクティスを当たり前にしていくことができました。
自分が抜けてからも、この組織的な活動は続いていくので、是非ご注目下さい。

"勉強会"ムーブメント

自分がはいる以前も開場提供や開催などいくつもありましたが、その動きの拡大の一翼を担えたと思ってます。
AJITOもパンゲアOASISも、バンバン活用しました。これを契機にVOYAGE GROUPの事をしった人も多いんじゃないでしょうか。
この件で特筆すべきは、一度たりとも"ほどほどにしとけ"とか"本業に差し障らない程度に"というよくあるブレーキをかけられなかったことです。むしろ空いてるの勿体無いからどんどん使うといいよ!と発破かけてもらいました。
これは凄いことですよ。

コード公開

プライベートでgemを作って、仕事でも使うということをやってきました。
もちろん今後もちゃんと面倒みていくので、何か不具合とかあればIssue登録やプルリをお待ちしています。

発表・執筆

http://www.seshop.com/product/detail/14084/ の執筆陣の一人になったり、各所で発表を重ねてきました。
発表ごとは以前からやってきましたが、最近はやれるようになりたいと思ってたテクニカルな話をできるようになってきました。日々の仕事からたくさんのことを得たおかげです。

(あとで書く)

(あとで書く)

たった4年弱ではありますが、相当濃厚な毎日を過ごしてきて、長いようなあっという間だったような不思議な感じです。本当にこれまでありがとうございました。
今の心境としては、全てやりきった!思い残すことはない!!という感じではなく、寂寥感と喪失感でいっぱいです。
でも、自分で選んだ道です。送り出してくれた同僚たちに、胸を張ってまた会えるように、新しいチャレンジの場所でも全力で工夫を重ねていこうと思います。

とはいえ、勉強会やイベントごとなどでオフィスに伺うことは頻繁にあると思うので、引き続き仲良くしてもらえれば嬉しいです。

で、新しいチャレンジって何すんねんというところは、・・・こちらはまた後に書きますね。

また、wishlistはこちらとなります。
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/378WTBNC1X3GC?filter=all&sort=priority

*1:具体的には3年9ヶ月