koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

PFP関西ワークショップ#10に行ってきました。

PFP(プロジェクトファシリテーションプロジェクト)主催の、関西ワークショップ#10に参加してきました。
今回は1泊2日の合宿だ! ということで、折角だからと泊りがけで参加しました。
振り返ってみての自分メモを↓に書きました。

昼の部

開会式

  • 参加者のうち結構な人数が初参加
    • PFに興味ある人がそれだけ多いということの表れか
    • 平日は残業でワークショップとかに行きたくても行けない人も土日なら時間を割けるという事があるのかな
  • アイスブレイクはペアを組んで相手の名前とトピックを聞き出し、相手の名札をお互いに書きあう
    • アイスブレイクなかったら溶け込むのに苦労しただろう
    • 自分の様に口下手&シャイな人間でも、尋ねる内容・方向性が決まってるので、とても問いかけ易い

セッション
A-1「スパイラルアップ、喜びある未来のために」(本間さん)

  • セッション開始までの時間で、参加者に「どんな話を聞きたいですか?」と聞いて回る本間さん。
    • アウアウとなってしまいちゃんとしたレスポンスを返せなかったのが至極残念。
    • こういう時に当意即妙な返事ができる人になりたいんだがなあorz
  • いくつかのワークを行う
  1. 一方的に相手を「●●ですね」と決め付ける
    • 決め付けたって当たらない
    • 対話によって少しずつ認識をすり合わせていく、ということか
  2. 車の構成部品について、自分に例えたら何なのかを話す
    • 同じ部品を対象にしても、人それぞれ考えてることが違う
    • 何故違うかエピソードを聞くととても納得
    • 答えの表層以上に、その奥にあるものが大事
  3. 話を聞いているそぶりのない相手に一方的に話す
    • 聞いてもらえない事がこんなに辛いとは思わなかった
    • でも、日常やってしまってるなぁと反省
  4. ヒーローインタビュー
    • 聞き手になって、相手の熱い話を聞くのとこちらも興奮してきた
      • 自分は「聞き手」であり聞き手は語りをしない、とそのロールを定義しているのが良かったのかも
      • 普段だと聞きに回っていても、割り込んでしまうなぁ
    • 話し手になって、自分の過去の熱かった話をすると、その感動がよみがえってきた
      • きっと他の人もそうなんだろう
      • やる気を取り戻すいい方法なのかも
  • 仕事では、●●しないとダメなどといった「地獄に落ちるゾ」系の言い方が多かった気がする
  • これからは、●●したら良いことがあるなどの「天国にいけるヨ」系の言い方も使ってみようと思う

B-2「PFによるチーム作りの手法」(西さん)

  • PFの有る時・無い時
    • 551メソッド、といえるかも
  • 紙ちぎりまとめゲーム
  • 最初:ゲームはチームで行い、改善案は自分だけで行い、他のメンバーとは話さない
  • 次:ゲームはチームで行い、朝会・振り返り・バーンダウンチャートなどをチームで用いて、他のメンバーとコミュニケートする
    • 効果覿面! 1回目プレイは1分数十秒掛かったのが、最終3回目には12秒まで軽減
    • 具体的な目標立てたり、その目標に近づくための工夫をみんなで行ったりして、チームとしてのパワーを発揮できたのが大きいだろう
    • 仕事でもこれぐらい熱いチームになったらいいな

夜の部

晩御飯

  • かなり豪華&量もたくさん

宴会

  • アイスブレイクでお国自慢
    • 各地いろんな特徴
    • 坂田師匠って全国区じゃ無いの!?
    • 風呂での10カウントに節がつくのはどうやら関西only
  • 数々の発表
    • 受託開発
    • 伝統文化とソフトウェア開発
      • 綺麗な所作
    • ジャグラー
      • 話には聞いていたが、今回生で見ることができるとは!
    • アジャイル
    • 航海図
      • ゴールを見失う、というのは自分だけじゃなくて「あるある」な事に少し安堵
      • もう少しまとめたい
    • 銅鑼いいなぁ
    • など
  • 豊富な種類の酒・おつまみ・話題

宴会後、部屋に大集合

  • 5人部屋に10数人集まる
  • もの凄い気付きの数々
  • だが、あまりの濃度と酒による能力低下によって自分の脳がパンク。
  • でも、自分が何を理想としてどうやって行きたいかというのは言葉にできて、いまでも残っている。良かった。
  • 午前3時過ぎに解散
    • 凄いスピードで寝れる体制が構築
    • 早朝イベントには参加できずorz

書籍

  • 協賛社やグループからたくさんの書籍(等)がっ
    • プロセス改善ナビゲーションガイドを頂いた
    • ヘッドトリップを頂いた
      • これ、オブラブ2007夏イベントで知って以来、ずっと欲しかった
      • 松本さん曰く、「コミュニケーションツール」 。確かに、パッケージ絵がコミュニケーションそのもの!