koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

どんな役割でも意識したい事

プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択

プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択

読了。
システムだけがアーキテクチャなんじゃない。全ての物事の構造(関係性・あり方・動き方)全部がアーキテクチャとして意識していく事なんだなあと。

今まで、システムのアーキテクチャ設計を主として技術的な側面を支える人の事、というイメージを持っていた。
でも、実際に担ってるのはさまざまな関係者たち(開発チーム、顧客、営業さん、他色々)との人間関係のアーキテクチャを扱うのがこれまた重要なんだなと思った。
そして、人間関係のアーキテクチャの認識と理解と良い動かし方は、アーキテクトやリーダー、マネージャなど限られた人だけが知るのではなく、メンバみんながわかっていると、自律的な行動が可能になるのだろう。

この点では、少なくともソフトウェア技術者は少し注意していれば人間関係のアーキテクチャの認識は出来るだろう。アーキテクトじゃなくたって日々の設計・開発を通して構造というものを意識している訳だし。
ただ、人間関係のアーキテクチャの理解と動かし方については、どうやったら身に付くのかいまいちイメージが付かない。
対話だったり人の話を聞いたりなど経験による学習はありなんだろうけども、本当に効果的な方法を知りたい。