koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

第20回 XPユーザー会 アジャイルプラクティスを携えてに行ってきた

講演というか、トークライブといった感じで、気づきや考えを深めるといった事とともに、エンターテイメントとしても十二分に成り立つなぁと感じた。
コミュニティの勉強会やワークショップに行った事のない人も多くいると思うが、楽しみに行くと思って一度参加するのがいいのではないか。

角谷さんパート

「ソフトウェア開発の中心には人がいる」という事に大いに納得。
この言葉から浮かんだのは、属人性をどう無くすかという話。
属人性を無くす事のあり方はそりゃいい事だろうと思うし、心掛けていきたい事がらではある。ただやり方としては、単に人間らしさを消して定量化されたモノだけで管理するという事になりがち*1。だが、本来大事なのは人間の不安定な部分は方法や助け合いで補って、人間らしい部分*2のメリットが最大限に活きる様に考えたい。

木下さんパート

GTD+Rのくだりで、「いつも持ち歩いてますよ」(ニコニコ動画の17:10あたり)の聴衆の発言、あれ当方。
「応募する」
確かに劇的に変わるきっかけになる。たとえ応募したときは小さな応募だとしても、振り返ったら結構なターニングポイントになってたり、新しいところにいくきっかけになってたりしてるなぁ。
「やり方ではなくあり方だ」
先日のPFP関東WSで聞いた「SenseとMeaning」とともに、考えのフレームワークにしようと思った。
例えば、「今進んでいる方向は、あり方に沿った方向なのか? やり方だけにフォーカスしてしまっているのか?」そんな時の判断に使おうと思う。

そして、夢を叶えるゾウ読みたくなった。

懇親会

懸田さんのマイ箸が楽しそうだったので、是非自分もマイ箸買ってみようと思った。

やってしもた点は、またも飲みすぎて色々あった気付きが飛んでいってしまった事。ちゃんと気付きはメモしよう。
それと、最初に座った場所からあまり移動しなかった事をちょっと後悔。せっかくなんだから、色々なテーブルを渡り歩いてみたらよかったなあ。
ただ、席移動したときになんていって入り込んでいいかをその場その場で考えるのは到底無理なんで、あらかじめその方法をフレームワーク化してまとめておきたい。

*1:少なくとも自分が体感した範囲では

*2:例えば雰囲気から悪化の兆候を掴むとか、新しいアイディアを発想するとか