koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

自炊を軽々しく扱う

自炊デビューのススメ - (旧姓)タケルンバ卿日記避難所読んで、自炊のよさを再確認した。

自炊に関しては絶対的な自信をもってオススメできます。絶対にやったほうがいい。

一人暮らしを始める知り合いがいたら、確かに自炊を強く勧める。お金も時間も浮くし、生活スキルとしても陳腐化しない。
でも、いざ自炊するぞ自炊するぞと力んでしまうと自炊に着手できない。なので、力を入れずにとにかく毎日安く自炊を続ける方法をまとめてみる。

大事なこと

タイトルの通り「自炊を軽々しく扱う」事が肝要。袋のインスタントラーメンを作るのと同等かより適当なやり方で作るのが長続きのコツ。
究極、スーパーで売ってる食材ならば、火を通して塩をかければ美味しくいただけるので。

0.道具

5合炊き炊飯器、鍋1つ、フライパン1つがあれば良い。鍋とフライパンはまとめて作ることを考慮して、少し大きめのを買っておく。
コンロはワンルームマンションにありがちな1口の電熱線コンロで大丈夫。
冷蔵庫もワンルームマンションにありがちな1ドアで大丈夫。

なお、電子レンジは別に要らない。暖めなおしは鍋やフライパンでできる。特に冷蔵庫に冷凍機能がなければ本気で要らない。

小物は、包丁1つと菜箸があれば上々。欲を言えば皮むき器があるとベター。

1.おかず用食材の購入

一日当たり100円として、3日〜5日分をまとめて買う。
3日分ならば、200円が野菜、100円が肉。肉は基本鶏むね肉一択。100g50円ならば豚や牛などもあり。
これで、肉は鶏むね肉を200g。野菜は人参3本とキャベツ1玉ぐらい買う。

2.主食

大体5kgで1ヶ月持つ。
10kgも5kgもそんなに単価は変わらないので、5kg袋のを買う。

3.調味料

味付けは、塩と醤油があれば十分。交互に食べれば毎食違う味が楽しめる。
油はごま油がお勧め。サラダ油より汎用的に使える。

4.作る

ご飯は普通の米でも洗わなくて大丈夫(ちゃんと食べれる)。お釜にざばざば米いれて水入れて炊飯器にセット。終わり。

おかずはスープが基本。手がかからない&たくさん作れる。
野菜と肉を大きく切って鍋に投入。そこに7分目まで水を張って火にかける。沸騰したら火をとめてほっとく。ご飯が炊き上がる頃には十分に肉に火が通り、キャベツもとろとろウマウマになってる。
味付けは食べるときにお椀の中で調節する。鍋に塩や醤油入れると、味が固定するので毎日同じ味付けを食べる羽目になるので注意。

TIPS

  1. レシピ通りやろうとしない。というかレシピは見なくていい。自炊に慣れてからレシピ見て作ったり、セオリーを学んだりしたら良い。
  2. このやり方は外食&コンビニ頼り生活をするよりずっと健康的。献血時の血液検査は毎度良好。外食&コンビニ頼り生活を数日やったらすぐに悪い結果が出た。

まとめ

自炊で満足できるクオリティのご飯は作れないかもしれない。でも、自分が納得いく*1ご飯が楽しめるようになる。
なお、このやり方は↓の本の影響を強く受けた。

*1:もしくは妥協できる