koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

あすなろBLOGカンファレンス『スタート×キッカケ×ブログ』にいって得た気付き

ファーストセッション『 スタート×キッカケ×ブログ 』渡辺千賀さん

  • 一期一会のチャンスを掴む

「目の前に浮遊してきたチャンスをパッと掴むのが良い」
「今難しい変化は例えば5年後だともっと難しくなる」
特に後者の言葉は何らかの決断を行う時の指針にできるので覚えておく。人にアドバイスする場合にも是非使わせてもらおう。

  • しない後悔>した後悔

「もしやったことが失敗でも今後それを上回る成功を収めればいい」
過ぎたことをウジウジ悩んでしまう自分に早速言い聞かせてみた。そして、「失敗したらもう人生オワタ」などとねじれた考えがでてきたときにも使う。

  • 問題の改善に無駄な時間を使わない

欠点を直接直すのではなく、別の長所でもって欠点をリカバリするという考え方。
「もしやったことが失敗でも今後それを上回る成功を収めればいい」とつながる。

  • 主語を自分にする

”他人が〜 ”と言うところを、”他人が〜したことに対して自分がどうするのか”という風に、メインを自分に持ってくる。こうする事で、制御対象が他人から自分に移る。他人の制御などというどうしようもない事柄を「前向きに諦める」事ができる。
トラブルがあった場合に悪者探しをしてしまわない為に、使ってみる。

  • 人の判断を気にしない

「批判には耳を貸さない」「ほめ言葉もありがたくいただくだけ」そして、「人のネットワークに依存しなくなる」
アレゲな批判に耳を貸してしまい自らを無駄に追い込んでしまった事があるだけに、その重要性は良く分かった。
「人のネットワークに依存しなくなる」というのを、「会社の人のネットワークに依存しなくなる」と置き換えてやれば、例えば会社を辞める時に会社側とトラブった場合の心構えになると思う。

セカンドセッション『 スタート×キッカケ 』上原仁さん 美谷広海さん 和蓮和尚さん 徳力基彦さん

感想としては、パネラーの方々は上手くチャンスをパッと掴めたのだなと思った。
そしてチャンスが寄ってきたのは、人に会いに行ったり、情報を発信したりして、チャンスを引き寄せる土壌を作った事があるのかなと感じた。
なんらかの手段で、もっと自分をアピールし続けるのが大事かもしれない。

上原さんがメール書くのが苦手だったという話をされており、自分も物凄くメール送るの苦手なので、質問タイムにメールの書き方送り方のコツについて質問を投げてみた。

  • イベント後すぐ書く
  • テンプレ+一言コメント
  • ○○の件で話をした誰某です

というヒントをパネラーの方々からいただいた。

サードセッション『 ライフハック徹底討論会2nd 』大橋悦夫さん 堀 E. 正岳さん 増田光俊さん 堀川貴満さん

ブログを続けるコツで、「ブログを続けるのがダメになったら、その続けた分からタネを拾って、また新たにタネをまいて育てたらいい」というのが、ハッとした。
何かを続けるというと、本当に1箇所でずっとずっと定住してやり続けなければならないと考えてしまうのだけども、タネを拾ってそれをまた育てるのも確かに継続だ! というのが驚きだった。素晴らしい!
あとエントリーを書くにあたって、白紙の紙に関係ないことでも何でもとりあえずちょろちょろっと書き始めてみるというのは、是非試そうと思う。
白紙のテキストボックスのままでウンウン唸る事がよくあるので、とりあえず何か書いてみて考えようと思う。
”とりあえず”ってできるだけ排除したい言葉NO.2*1なのだけど、最初の一歩を踏み出す為の掛け声としての”とりあえず”の良さが分かった。

懇親会

何人参加だったんだろ、40人ぐらいかな。
カンファレンスの募集人数が300人の内2割も来てない計算になる。懇親会こそ”話を聞きに来た”一般参加者がカンファレンスに主体的に関われるチャンスだと思っているので、もっと参加したらいいのに。
Keep

  • 自分の座ったテーブルではお話に参加することができた。
  • 大橋さんにサイン書いてもらった&カラ練と当方の事を覚えてくれてた(喜)
  • 堀さんとお話できた&関ララとopakenさんの事をアピールした
  • id:KZEと会場のロケーション的には正しいアツいトークができた。そういう会話に飢えていたので久々に潤った。
  • 堀さんジョジョネタを使った!(はず)

Problem

  • 席移動しなかった
  • 二次会カラオケの賛同者を見つけることができなかった
  • 上記場のロケーション的には正しいアツいトークで、周りを省みることなくヒートアップ。同じ趣味を持つ人間で頻出するアンチパターンそのものであった。

Try

  • 二次会カラオケ実施!
  • 席移動

*1:なお、排除したい言葉NO.1はがんばります