koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

労働時間を30分単位や1時間単位に丸めてしまう事を強要された場合の反論根拠メモ

このエントリを見て思い出した。

この「30分単位で丸めて記録」という残業代の管理方法ってよくあるんですが、これ、違法な場合と合法な場合とがあります。

労働時間は、それがたとえ1分でも労働時間として計算する。

微妙なニュアンスではありますが、いくつかの県の労働局のQ&Aページで、労働時間は切り捨てるなよという回答があります。

和歌山労働局

当社では、残業時間の計算を30分単位で行っており30分未満は切り捨てています。この取扱いでよろしいでしょうか。

 割増賃金の計算に当たっては、事務簡便のため、その月における時間外の総労働時間数に30分未満の端数がある場合にはこれを切り捨て、それ以上の端数がある場合にはこれを1時間に切り上げることができるとされていますが、原則的には、毎日の時間外労働は1分単位で正確に計上するのが正しい労働時間管理といえます。(労働基準法第37条)

静岡労働局

【Q7】 当社では、残業時間の計算を30分単位で行っており30分未満は切り捨てています。この取扱いでよろしいでしょうか。
【A7】 切り捨てられた時間分の賃金が未払となるため、切り捨てないよう改善して下さい。

要するに

量り売りのものを買うとき基本的に1グラム単位で計算されるのが当然なように、時間(time)によって給料が計測される場合は1分単位で計算しろよという単純なことなんですよね、コレ。