koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

DevelopersSummit2009に参加した気づきと受講セッションまとめ&所感

初めてデブサミに行ってきました。以下に、参加して得ることができた気づきと、受けたセッションの簡素なまとめと所感について記します。

まず、自分なりに得た気づき。

  1. 「自分は何か」「自分たちは何か」の追求
  2. "開発メンバーは管理とは関係ない"の誤り
  3. アウトプット大事。 世に出ていく。世に出していく。
  4. 疎結合と分散
  5. やっぱり、俺このイベントに登壇したい!してみたい!
    1. その為にもアウトプットだ。

以下、受講セッションのまとめと所感についてです。

1.カードゲームでプロマネ疑似体験!

  1. 間に合わず。カードだけもらってきた。

2.クラウドプラットフォームの実際

force.comのクラウド紹介
  1. クラウドのインフラを提供
  2. WAS,DB,FW,HWを提供
    1. 独自言語・独自FW・独自DB
  3. すぐにSaas事業者になれる
所感
  1. 今すぐ・短期間のビジネスの立ち上げにはよい
  2. マイグレーション時に不安
  3. クラウドの勉強には使えないかな
    1. 開発者はクラウドを意識できない
    2. クラウドならではのノウハウ学べないのでは

3.開発難易度の高い超短期開発におけるPM

超短期プロジェクトの管理のノウハウ解説
  1. 早く終わらせる為の工夫
  2. 計画の立て方
  3. 問題解決の体制
  4. チームビルディング
  5. 仕事の環境
所感
  1. アジャイル
    1. 開発手法はアジャイルではない
    2. アジャイル開発の話に出てくる工夫がたくさん
  2. ”主体的に考え行動する”現場力
    1. 我々メンバー個人も同じことを目指すべき
    2. ”言われたことだけやればいい”ではダメ
      1. 各個人にマネジメント能力が必要となる

4.オブジェクト指向エクササイズのススメ

オブジェクト指向”な考えを鍛える
  1. ThoughtWorksアンソロジー』第5章より
  2. 厳しいルールを自分に設定する
  3. オブジェクト指向」で考える
  4. “Tell, Don’t Ask”
所感
  1. 詰将棋と思って問題を作るとよさそう
    1. “Tell, Don’t Ask”を忘れがち

5.株式会社はてなの開発戦略 1

gitの紹介と導入事例
  1. 分散型ソースコード管理システム
    1. svnは集中管理型
  2. リポジトリのクローンを各自が持つ
  3. 普段はクローンにコミット
  4. クローン先から元リポジトリに反映
  5. メリット
    1. svnより高速
    2. リポジトリに影響を及ぼさずに済む
    3. 賢いマージ
はてなブックマークリニューアルの話
  1. 21.6万ユーザ
  2. 50台サーバ
  3. 790万PV/day
  4. 疎結合
  5. RSSJSON
  6. DB直読みは止め
  7. テスト容易性
  8. MVAC
  9. テストコードの高速化
所感
  1. バックアップ大事
    1. RAIDはバックアップにならない
  2. 疎結合大事
    1. マイグレーション時もDBのIO部分の変更がとても大変だった。動きの速いWebサービスなら尚更。

6.アーキテクトって何ですか?

アーキテクトの方自身の話
  1. お酒を飲みながらの異色セッション
  2. PMとアーキテクトの違い
    1. PMはまとめる
    2. アーキテクトはひっぱる
所感
  1. PMもアーキテクトも開発をチームを主導する
    1. どちらもマネジメントといえばマネジメント
    2. 技術者だから管理は不要というわけじゃない
  2. ”能動的”

7.ひよこクラブ ver.Engineer

ネットでよく目にする方々の勉強方法の話
  1. アウトプットが大事
    1. Blog、勉強会、OSS、書籍や記事執筆などなど
    2. OUTPUT<INPUT
所感
  1. 実際に手を動かす/現物を見るが大事
  2. 触発された。大いにアウトプットしていきたい!
  3. 凄い人がアウトプットしているのではない
    1. アウトプットしてるから凄い人になったのでは

8.「気づき」をみんなで共有しよう! 〜デブサミふりかえり〜

何を得たか何を持って帰るか参加者間で共有
  1. ”ふりかえり”で記憶の整理と定着
所感
  1. 自己紹介って実は難しい
    1. 自分を短時間で端的に表現
  2. 一番印象が強いセッション
    1. 自分が発信したものは記憶に残る