koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

"『ウェブオペレーション』は俺の為の本である"

@kdmsnrから献本いただいたのに、読むのにいままで掛かってしまってごめんなさい。

ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)

ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)

俺の為の本であるとはどういうことか

去年、受託開発ツリー業種からいわゆるWeb業種へと戦場を変えたのですが、オペレーションに関して圧倒的に経験が足りてません。多分自分だけじゃなくて、受託開発ツリー業種でもっぱら要件定義〜リリース(加えて瑕疵対応)までの開発期間が仕事の中心だった人はそんな感じなんじゃないでしょうか。

それなので、これまで運用にはほとんどタッチしたことがありません。

教科書的な理想として運用こそが本番とか運用後のことを考えろというお題目は聞いたことがありましたが、具体的なところは腹落ちしていませんでした。
今思うと、リリースがゴールという感覚の方が強かったように感じます。

でも、Web業種に移り、まったくルールが異なることに気がつきました。これまでとは違い、準備が完了(つまりリリース)時点では売上になる訳じゃないのです。

そんな場所にいるソフトウェア開発エンジニアとして、開発段階で考慮しなければならない事に関するノウハウがこの本には詰まっています。自分たちの戦場ではどの点が足りないか・どういう事を取り入れるとより素晴らしいことになるか、何週でも読みながら考えて、実践していきたいです。

また、これから受託開発ツリー業種からWeb業種に転進する・転進を考えているソフトウェア開発エンジニアがこの本を読むと、どのようにルールが変わるのかを事前にわかるんじゃないかと思います。

今の自分に必要なことが書いている・ちょっと前の自分が読みたかった内容が書いているという2重の意味があり、まさにこの『ウェブオペレーション』は俺の為の本である、と思った次第です。

@hmskの話に心が震えた話

https://twitter.com/bash0C7/status/77321604627042304

(あとで書く・必ず書く)