koeだめ 過去アーカイブ[〜2013-12-14]

最新情報は https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3780274 にて

Fluentd Casual Talks #3でLT&Fluentd Advent Calendar 2013で記事書きしていました #fluentd

「ご家庭でFluentd」というタイトルでFluentd Casual Talks #3でLTしつつ、そのサブセットをFluentd Advent Calendar 2013の記事としてまとめました。

提示資料: https://speakerdeck.com/bash0c7/fluentd-in-my-sweet-home
記事: http://qiita.com/bash0C7/items/a8aea4810cc5ec6f1eb9

概要

構成: Fluentd on MBA -> Amazon SQS -> Fluentd on Raspberry Pi

MBA

MBAではtd-agentを動かしています。
プラグイン開発・検証を行う場合は、https://rubygems.org/gems/fluentd を利用しています。

Raspberry Pi

Fluentdは https://rubygems.org/gems/fluentd を利用しています。
Rubyはrbenv + ruby-buildのいつものやり口です。

Amazon SQS

Amazon SQSを使っているのは、以下の理由です。

  • 外部からの通信を待ち受けるポートを開けたくないこと
  • 無料利用枠がめっちゃ広くて非常に安価に使えること*1
  • エンタープライズな信頼性の安心感があること

自分の話の補足

Fluentd Casual Talks #3で話をきいて思ったこと

覚えているうちに箇条書きで。

  • Norikra、自分が触っているところのサブシステムのFluentdでは次の手として入れたい
  • Shadowの仕組みは早急に入れよう…。Fluentdまわりのデプロイのプロセスやスクリプトを整理すればすぐやれるはず。
  • golang少し勉強しててよかった。個人的には http://stackoverflow.com/a/16138713 のアプローチでプラグインの高速化できるかなーって思ってて、冬休みの課題としてやってみたいところ。
  • ちょうどWindows機買おうか考えてたところだったので、Windowsで動くはいい話。
  • Treasure Agent Monitoring Service、早速使いたい!!と思い、名刺をお渡しした(^O^)
    • ツールの助けがあれば自分でなんとかできる部分が増えるのでとてもありがたい。
  • V11はちょうたのしみ!これははかどる。プラグイン対応始めなくっちゃ!!
  • (あとで書く)